力の強い女トボンスン8話あらすじネタバレ感想と動画

力の強い女トボンスン

力の強い女トボンス8話あらすじとネタバレ、見どころ感想と力の強い女トボンスン8話が見られる動画情報をお知らせします。

前回は、ボンスンがグクドゥを思わず投げ飛ばしてしまったところで終わりましたね。

グクドゥに怪力はばれてしまったのでしょうか?そして、それを見ていたミンヒョクの思うところとは?

さっそく、気になる8話のあらすじから見てみましょう

>>力の強い女トボンスンのキャストや相関図についてはコチラ

力の強い女トボンスン8話あらすじ

イン・グクドゥ(ジス)とキム・グァンボク(キム・ウォネ)を引き離そうとして、グクドゥを怪力で投げ飛ばしてしまったト・ボンスン(パク・ボヨン)。

グァンボクの証言も手伝い、グクドゥはボンスンの秘密の力について疑い始めます。

一方ボンスンは、アン・ミンヒョク(パク・ヒョンシク)の母の墓参りに同行したことをきっかけに、ミンヒョクを異性として意識しはじめてしまいます。

そんなある日、ボンスンへの復讐を企んでいたペク・タク(イム・ウォニ)は、手下数十名を引き連れてボンスンひとり相手に襲いかかります。

そこへ駆けつけたミンヒョクとグクドゥが見たものとは…?

力の強い女トボンスン8話ネタバレ

1.グァンボクの襲撃

やくざとの仲裁に入ろうと、怪力でグクドゥを投げ飛ばしてしまったボンスン。

とっさに駆け寄り謝りますが、グクドゥは「そんなか弱いやつに少し押されたくらいでなんてことあるか」と強がる態度を見せます。

その一部始終を遠くから見ていたミンヒョクは、あきれ果てたようにボンスンを皮肉ります。

一人で夜道を歩くわ、やくざに目をつけられるわ、しまいには好きな人に怪力がばれそうになるわで、さすがのミンヒョクも小言が止まりません。

するとボンスンは、雇用契約を結んだ際に「脅迫犯を捕まえたらゲーム企画開発チームに異動させてくれる」と約束した件はどうなっているのか、とむきになって反撃します。

すっかり忘れていた様子のミンヒョクですが約束を破ろうとしているわけではなく、まだまだ自分の視界内にボンスンを入れておきたい可愛い恋心により、なんとか異動を先延ばししようとするミンヒョク。

「ボンスンを狙っているトボン洞事件の犯人が逮捕された時には今度こそ異動させてやる」、そう約束するのでした。

警察署では、グァンボクの取り調べが行われていました。

グクドゥたちは、女性の背後から襲撃する卑怯な手口を責め立てましたが、涙ながらに「あいつは女じゃない」「俺が被害者なんだ」と繰り返すばかりでらちがあきません。

他の刑事は病人の戯言のように適当な相槌でグァンボクをかわしますが、グクドゥだけは先ほど自分の身に起こった出来事を思い返し、決して他人事ではありませんでした。

ほんの少し押されただけなのにものすごい衝撃で遠くに投げ飛ばされてしまったようだった…。

尻もちをついた際に痛めた臀部や背中がズキズキと痛んでいることに気付くと、グァンボクの言っていることもあながち嘘ではないのかもしれない、と複雑な気持ちになるグクドゥなのでした。

2.トボン洞連続拉致事件の公開捜査開始

トボン洞連続拉致事件はついに公開捜査となり、連日マスコミがその事件の残忍さや犯人のプロファイリングなどを報道しています。

狙われているのは体重が軽い細身の女性であること、

1人目を殺害してしまったのは、被害者が強く抵抗した時に誤ってナイフが刺さってしまったことによる誤算だったこと、

この事件に似た演劇をモチーフにして犯行を行っていること、

など、対象となる女性への注意喚起のためにかなりの情報が公開されました。

そして公開捜査に伴い、今後の捜査権が凶悪犯罪3課ではなく特殊チームに引き継がれることになってしまったのです。

ここまで捜査を続けてきたのは自分たちなのに、手柄だけ横取りしていくような上層部の決断に納得がいかない3課の面々。

そこで、内密に自分たちだけで独自に捜査していくことにします。

しかしそんな警察内の様子を、真犯人であるキム・ジャンヒョンが自宅モニターで監視しているではありませんか。

「捕まえられるものなら捕まえてみろ」そう物語る不敵な笑みを浮かべながら…。

一体この警察内の映像をどうして見ることが出来ているのか、それは数週間前に遡ります。

なんと、2番目の被害者の犯行現場を目撃し通報してきた男、彼こそがジャンヒョンだったのです。

彼は今後の警察の捜査の動きをいち早く知るために、目撃者として警察所を訪れひそかに監視カメラを仕掛けていたのです。

そんなこととは知る由もない3課の面々は、独自に犯人逮捕に全力を挙げることを誓い合うのでした。

3.ボンスンとミンヒョクの心の距離

グクドゥとヒジはきちんと別れ話をするために会っていました。

そこで、グクドゥはヒジに正直な自分の気持ちを打ち明けます。

マイペースで放っておけないからおせっかいを焼いているだけだと思っていた友人に、実はずっと恋心を抱いていたと自覚した、と。

お互いに他の人が胸の中にいるのに付き合ってはいけないだろう、そう確認しあった二人は恋の終わりを迎えたのでした。

その頃、ボンスンはミンヒョクに連れられてある場所へ向かっていました。

それは亡くなったミンヒョクの母のお墓でした。

ミンヒョクの父の愛人だった彼女は、女手ひとつでミンヒョクを育て上げたにも関わらず、ある日突然ミンヒョクだけ引き取られてしまい、ひとり亡くなっていった悲しき女性でした。

引き取られた先の実家で兄たちにいじめられる日々を過ごしていたミンヒョクは、勝手に母と自分を引き離しお互いの人生を狂わせた父をとても憎んでいたのです。

母に申し訳なくてずっと来れていなかったお墓に静かに手合わせてくれるボンスンを見つめながら、「母さんに紹介したい女性と一緒に来た」そう呟くミンヒョクなのでした。

その帰り道、二人は夕日の映る美しい川辺に立ち寄りました。

そこで、ミンヒョクは「母が好きな映画にある『魅力的な女性と友達でいたい男性はいない』というセリフと思い出した」と告げます。

それは、ボンスンがとても魅力的だから友達のままでは物足りないというミンヒョクなりの告白でありました。

しかし、「グクドゥが私と長年友達でいるということは、私に魅力がないということだ」と逆に落ち込んでしまうボンスン。

どうにかしてボンスンを自分に振り向かせたい、その気持ちが日に日に大きくなってきているミンヒョクは、ボンスンの手を取り一歩近づきまっすぐに目を見つめます。

「友達から進展したいのなら、こうやって一歩近づくんだ」そう言って…。

その嘘偽りのない自分を見透かすようなミンヒョクの気持ちが、すっとボンスンの心の中に入り込んできます。

一見、傍若無人で自己中心的な男性に見えるミンヒョク。

しかしその裏には幼少時代の傷や恵まれない家庭環境、そして唯一の家族である愛する母や信頼していた兄を失ったことへの絶望や悲しみ、孤独を抱えてただ一人で生きてきたのだという背景があり、誰にも自分をさらけ出せないその不器用さが、愛おしく思えたのです。

そんなミンヒョクが私に素直に近づいてきてくれている、その気持ちがボンスンにはとても嬉しくて、二人の心が確かに一歩近づくのを感じていました。

4.ペク・タクの復讐

やくざ組のボスであるペク・タクは、因縁の相手であるボンスンへの復讐をついに実行に移すことにしました。

ボンスンに「母を誘拐したから一人きりで助けに来い」、そう伝えて数十名のやくざたちでボンスンを待ち構え倒しにかかるという卑怯極まりない作戦でした。

しかしそうでもしないとボンスンは倒せない、それは過去の経験からわかっていました。

女ひとりに何人の手下が病院送りにされたことか、タクが組の威信をかけて対決を挑んでいることは確かでした。

その日、約束した場所に姿を現さないボンスンを心配したミンヒョクが電話をかけると、母が拉致されたので助けに行くとだけ言い残し、電話を切られてしまいました。

同じ連絡を受けたグクドゥとミンヒョクは、心配になってそれぞれボンスンの元へ向かいます。

一人で町はずれの倉庫に呼び出されたボンスンは、タクと大勢のやくざたちが自分を待ち構えているのも見て騙されたのだと悟り、攻撃態勢に。

ボンスン自身も、何度も自分を目の敵にして襲ってくるやくざたちに嫌気が差していたので、正々堂々ここで決着を付けようと考えたのです。

そこに到着したミンヒョクとグクドゥ。

いっせい襲いかかるやくざたちに、ボンスンは勝つことが出来るのか?

はたしてこの対決の行方は…?

力の強い女トボンスン8話見どころと感想

1.トボン洞連続拉致事件が公開捜査へ

いよいよ、犯人逮捕にも力が入ってきましたね。

トボン洞の見回りも手厚くなり、ジャンヒョンもこれまでみたいにたやすく拉致できなくなると思うのですが、7人までまだ女性が足りていないのが怖いところです。

また、2番目の事件の目撃者がジャンヒョンだったというのは驚きました!

今回までその存在すら忘れていたので、そんな伏線が張られていたことにストーリーの深さを実感しましたね。

2.ボンスンとミンヒョクに恋の予感

今回、「はっきりと心が近づいたのが分かった」というボンスンのナレーションが入るくらい、二人の距離が縮まった回でした。

ついにミンヒョクを異性として意識しはじめたボンスン、グクドゥへの恋心は吹っ切れたのでしょうか?

しかし、ボンスンはミンヒョクをゲイだと思い込んでいるはずですよね…?

そこも、いずれ誤解を解かないといけないし、グクドゥはボンスンへの恋心を自覚したばかりだと言うのに…。まだまだ前途多難な予感がします。

3.大物俳優ユン・サンヒョンがゲスト出演

今回、ユン・サンヒョンがゲスト出演しているのも見どころです。

やくざたちへボンスン復讐計画を指南する役として出演しているのですが、ヘアスタイルや話し方がかなり個性的でコメディ部分に一役かっています。とても面白いですよ!

力の強い女トボンスン8話を見られる視聴サービス

力の強い女トボンスンの8話見逃し配信動画は、U-NEXTにてレンタル配信中です。

全話レンタルの場合、1話あたり約151円とかなりお得になりますよ。

ドラマも折り返し地点に来て、さらに盛り上がりを見せています。

二人の恋の行方、公開捜査によって動き出す事件捜査、ぜひU-NEXTに登録してチェックしてみてください。

U-NEXTの詳細・登録方法は以下のリンクをご覧ください。

U-NEXTのサービス内容と登録方法・解除方法
U-NEXTは韓国ドラマが一番充実している動画視聴サービスです。 U-NEXTでしか見られない独占作品も多数あり、視聴に料金が発生しない見放題作品も多数あります。最新作はレンタル視聴(216円/本※)になりますが、毎月付与される無料ポ...

以上、力の強い女トボンスン8話のあらすじネタバレ感想と動画のご紹介でした。

※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください。

コメント